生涯学習の歴史

生涯学習の歴史を振り返ってみましょう。

ユネスコで1960年に生涯学習という言葉が初めて使われました。

その時のかんがえ方は現代と変化していません。

人は自分の志向でスタディしたケースではいうこと、そしてそれは年齢にかかわらず行ってく必要があることですのです。

ここで言うスタディというのは学校の研究だけを指しているのではございません。

学校での研究も幅ワイド訳でのスタディの一つとしてとらえなければなりません。

生涯学習というと定年退職者が大学で学び直すという想像がございませんか。

それは一つの形態にすぎません。

生涯学習は座学である必要もございませんし、行政や教育機関だけが行なえるものだとしてもないのです。

ニホンでは1980年代になって、生涯学習に関連する議論がおこなわれるようになりました。

そして、1990年代に国の施策として生涯学習の為の環境条件づくりが始められたのです。

歴史としてはまだ始まったばっかりと言えるでしょう。

生涯学習の基本理念は、学校の教育だけじゃなくあらゆる機会と立地で教育を提供しようということです。

個人的にかんがえれば、人との新しい出会いもスタディです。

場所での実一般世間一般貢献活動もスタディと言えるのです。

その気になれば、常に自分を向上させることが出来るのです。

生涯学習の取り組みを行政が行っているのですが、それに積極的に参加するテンション、支援するテンションがたいせつでしょう。

そのことが実一般世間一般を作っていくということに他ならないのです。

私たちは実一般世間一般とのつながりを持って生活をしています。

その生活そのものが生涯学習とかんがえていいのです。

これからの生涯学習


全国の自治体が生涯学習の方向性に対してかんがえています。

これは国の施策だとしてもあるからです。

生涯学習の内容はおのおのの地方の実情に合わせたものとなってきます。

場所に根差した生涯学習が求められているのです。

その為に地方公共団体が生涯学習の内容に対して検討しなければなりません

だけど、容易に方向性を決めるこというのは出来ません

地方公共団体の力量が問われることになりますし、場所での格差も生じる見込みが有ります。

当然、その方向性に対して早速に最適の回答が出るわけではございません。

試行錯誤しながら、その時代に合った生涯学習を進めていくことがたいせつですのです。

生涯学習の理念だけをちゃんとおさえておくことがたいせつです。

生涯学習によって場所の活発化を図ることも重大ですね。

今自分たちが住んでいる場所はどんな状況に存在するのか、市民の活動がどみたいにおこなわれているのかと言ったことを把握した上で、生涯学習を進めていくことがたいせつですのです。

生涯学習が場所の将来をかんがえていく上でポイントなってす。

団塊の世代が退職してから、場所のなかで大大活躍する立地を提供していることもかんがえるべきでしょう。

学びを通して人と人、人と場所の結びつきを深くしていくのです。

将来の街づくりの一つとかんがえてもよろしいくらいのことですのです。

場所が一体となることによって、多くの人が住み易いと感覚ることでしょう。

生涯学習は単に個人的な研究をしたケースでは言うことではございません

スタディを通して、場所との関わり合いをどみたいにするかですのです。

生涯学習審議会


生涯学習審議会は文部科学省のなかに有ります。

この審議会では生涯学習に関連する幅ワイド内容を審議することになっています。

生涯学習が多くの人のライフ設計に関わってきます。

いつだとしても何処だとしてもスタディを受けられるようにしようというかんがえはかなり良い感覚のことでしょう。

その為に行政としてどんな方策があるのかを明確にすることがたいせつです

そして審議会では生涯学習の以後がどうあるべきかという方針を打ち出すことに力を入れています

国民が潤沢な暮らしをしたケースでは言うこというのは経済的な潤沢さだけでは十分ではないということでしょう。

精神的な潤沢さを手に入れることがたいせつですのです。

そして、それは一時的な満足感ではございません。

人には常に自分を向上させたいという欲求があるのです。

自分が持っている知識、技能を実一般世間大抵の為に役立てたいとかんがえています。

生涯学習というのは知識を学ぶということだけではございません

実一般世間一般活動では人との交流を通して、人から学ぶことも有ります。

ワイド訳でのスタディですのです。

こんな見地から生涯学習をかんがえていきましょう。

カルチャーセンターみたいに存在する一つのことだけを学ぶのではございません。

そして、その学んだことから発展させていかなければならないのです。

将来の課題もあると言われています。

それは全部の人がスタディ意力を持っているわけではないということです。

生涯学習に関わらない生活をしている人は、実一般世間一般から疎外されてしまうリスク性があるのです。

特に外国ではその心配が現実となっていると言われています。